『アポロシアター出演』part.4 〜本戦編〜

アポロシアター

さぁ、今回が最終回になります!!

 

以前の記事たちはコチラ→

『アポロシアター出演』part.1 〜観光編〜 – なかしま拓の記録

『アポロシアター出演』part.2 〜予選編〜 – なかしま拓の記録

『アポロシアター出演』part.3 〜アポロシアター本戦当日まで〜 – なかしま拓の記録

 

 

アポロシアター当日

 

裏口の赤いドアから入る。

 

f:id:handflutetaku:20191029040547j:image

ここをまたくぐれるって想像しただけでワクワクしてきた(4日前もくぐってるけどw)

 

中に入り、控え室に入る。

 

すると、黒人の方達がナイーブな姿で座っていた。

 

しばらくすると、プロデューサーのKathyが控え室に!

 

 

かなりしっかりとアポロシアターの説明があった。

 

しかし全く英語が分からないなかしま拓。

全く理解ができませんでした( ´ ▽ ` )

 

 

そんなこんなで、トイレで着物に着替え、準備は万全。

 

リハーサルがスタートし、10組の出演者のパフォーマンスを見る。

 

どんなパフォーマンスが観れるのかな〜!と、お客さん気分でいました。

全然緊張感無し。笑

 

僕は手笛の演奏。

他の出演者はマジシャンが一人いたかな。

あと残り8組はみ〜んな歌!

 

そして、ほぼソウル!

 

歌だけで競えばいいじゃん!ってちょっと思った笑

 

 

 

・・・いいのかなこんな中に入って演奏して・・・

 

みんな素晴らしいパフォーマンスで、圧倒された。

 

リハが終わり、演奏順が発表される。

 

事前情報では、トップバッターは基準値にされるからそこは避けたほうが良いとのこと

 

と言っても勝手にアポロシアター側が順番決めるんだけどw

 

 

Kathyに一人一人名前を呼ばれる。

 

おそらく順番が発表されているんだろうなぁ

 

トップバッターだけは引かないように!!

 

 

そんなこんな考えているうちに僕の名前が呼ばれる。

 

なんか、いろいろ僕に向けて伝えられる。

 

しかし英語わからんから全く理解できない僕。

 

とりあえず「OK!」なんて返事をする。

 

 

英語できないから僕だけ順位分からない状態。

えぇ・・・

 

もう一度言う。

トップバッターではありませんよーに!

 

 

みんなが控え室でアップを始める。

声出しの迫力がすごいもんで圧倒される。

 

怖い怖い。

この中で戦うのか…

 

僕は日本にいる長井プロデューサーと電話。

1番目だけは避けたい。なんて話しながら、詳細を待つ。

 

 

そして、いざ開演!!

f:id:handflutetaku:20191029040640j:image

 

ステージが始まると、最初にアポロシアターの歴史がステージ上で語られてたみたい。

 

名物司会者が会場を煽って、温める。

 

 

その間、控え室が緊張に渦巻かれる。

 

タイムテーブルが書かれた紙がスタッフの手によって、控え室に貼られる。

 

 

やっと順位が分かる!ウキウキ///

 

 

そして、じっくりと紙を見てみると

 

 

 

 

トップバッター・・・・・・

 

 

オワタ

 

 

 

 

これが宿命なのか・・・

 

TEDxでもトップバッター

アポロでもトップバッター

 

 

トップバッターに恵まれすぎた男

恵まれているのか、呪われているのか知らないけど笑

 

 

舞台袖で待機していると、司会者が

「from japan! Taku Nakashima!!」

と叫ぶ。

 

それと同時にステージに上がる。

 

 

眩ゆい光と溢れんばかりのオーディエンス。

 

とうとうこのステージに立てたか。

と、とても感慨深かったことが記憶に新しい。

 

 

お囃子の音と同時に演奏を開始する。

 

すると、最初はお客さんからクスクスと笑い声が。

 

クソー!と思いながらも、この最初の演奏は前振りだから、今に見てろよ!という気持ちで続ける。

 

 

一通り吹いたところで、The Roseが始まる。

最初の『Some say love it is a river That drowns the tender reed』

 

の部分を演奏した瞬間、会場から今まで聞いたことの無いほどの大きさの歓声が!

 

 

ゾクゾクっとした。

 

これが世界か!

 

オケが聞こえないほどのお客さんの声援。

間違いなく、人生で一番震えた瞬間だった。

 

この曲に出会えてよかったなと、心の底から思うのと同時に、支えてくれた方々に感謝を伝える気持ちで演奏した。

 

演奏が終わると、おきまりのセリフ『Thank you Apollo!!』

と言って、ステージを降りた。

 

 

他の出場者の出番が終わっても、余韻が消えず、興奮状態だったことを覚えています。

 

 

全ての出場者のパフォーマンスが終わり、皆一緒に再度ステージに上がる。

 

 

そして、一人一人名前を呼ばれる。

 

僕がトップバッターだからもちろん最初に呼ばれた。

その瞬間、お客さんが『ワーーーー!』と歓声をあげる。

 

すると、バックスクリーンに数字が現れた。

 

声の大きさを測っているようだった。

 

後から気づいたんだけど、この声の大きさで勝敗が決まるらしい

 

他の出場者は名前を呼ばれた瞬間に身体いっぱいにパフォーマンスをするんだけど、僕はそれを知らず^^;

 

勿体なかったな〜

 

全ての出場者のアピールを終え、結果発表。

 

1〜3位までが入賞で、次のステージに進める。

 

 

結果は・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

4位!!!

 

 

惜しくも敗退。

 

 

でも、他のパフォーマンスが素晴らしかったから清々しい気持ちでステージを降りました。

 

 

最後にKathyと写真もf:id:handflutetaku:20191029040726j:image

そして、飛行機の時間が3時間後に迫っていたからアポロシアターを足早に立ち去った。

 

 

やっぱり悔しい。

 

負けたことを一時は受け入れられなかった。

 

 

アポロシアターが終わった一ヶ月後の今も正直悔しい。

 

 

日本人として、数少ない出場者になれた喜びと、負けた悔しさが混合。

 

 

 

また来年挑戦しようと誓った。

 

そして、何度でも立ちたい!立つ価値のあるステージだと強く感じた。

 

 

 

 

待ってろよアポロシアター!

 

 

また来年!!

 

 

Thank you Apollo!!!

f:id:handflutetaku:20191029041105j:image

 

 

リハーサル動画は撮れたので是非観てね!

アポロシアター日本人出場! なかしま拓 リハーサル映像 Amateur Night At The Apollo rehearsal video
2019.9.25 Apollo Theater Amateur Night アポロシアターアマチュアナイトに出場! アポロシアターの地で手笛を演奏してきました。
タイトルとURLをコピーしました